Letter to the Author


Just posting it in my own blog as a back-up. And to re-read what I wrote whenever I’m not with my own laptop.
I wrote this letter to Inou Tomonori, the author of the Coppelion series to express my feelings and gratitude to his manga work. This is my first letter that I’ve wrote to someone in my life, and it’s to a stranger too lols.

It wasn’t fully written by me, I had translation help from a person I knew who is familiar with Japanese because she translates office documents as a part of her job. As we do the translations, I explained to her the context I need and made sure the translation won’t go off (since I couldn’t translate it correctly by myself, and my major problem is always kanjis, but once translated I can read and understand them).

My Draft had around 800 words, the Japanese version had around 1500 words.
We spend entirely six hours straight translating this.
This was written and sent on December 19, 2013.

This is what I wrote:

井上様

こんにちわ。

私はタイ国からのゼフロスと申します。今ランシット大学歯学部の二年生です。私は井上さんの「コッペリオン」がものすごく好きです。特に、「コッペリオン」の内容がとても素晴らしいです。それから、きれいな自然の背景及び文明や人類が滅んだ後の世界のテーマも好きです。それによって、読む時は大変楽しくて面白かったです。

また、各々の登場人物の役割がよかったので、私は皆が好きです(悪い人物でも)。特に、成瀬 荊、黒澤 遠人、小津 歌音です。成瀬 荊に対する好きなところは正直な人かつ頑張り屋さんです。黒澤 遠人については落ち着く人と計画性がある人ですね。小津 歌音は面白いヤンキーです(笑)。

私は12年前から漫画を読み始めました。全部で250件くらい読みましたが、井上さんの漫画が大好きです。井上さんの漫画について最初の8冊は英語版で、その後はタイ語版が出版されて私は改めて最初から9冊目まで読みました。しかし、10冊目~20冊目は日本語で読みました。今のところ、井上さんの新しい出版はいつ出るか月刊ヤングマガジンからフォローアップしています。井上さんの漫画を読むことを止められないですよ。実は、9冊のタイ語版だけではなく、日本語版20冊も買いました。それに、タイ語版と英語版を4回くらい繰り返し読みました。日本語版については3回くらい繰り返し読みました。何回も繰り返し読んだ理由は次の通りです。

1.これからの人生が前向きに頑張らなければならないです

2.荊の人物の性格で、私には元気が出ます

3.世の中に対する見方が楽観的になりました

4.自然が好きなようになって感謝しています (荊と遠人が言ってくれた人生と生き物のことは大変素晴らしい)

10冊目以降の日本語版を読んでも50%以下しか分からないです。理由はふりがながない、かつ科学の専門用語が多いです。しかし、日本語版を読む時、なるべく重点のところを何とか理解するように頑張っています。たとえば、遠人が生き残る理由と狼さんが死んだ原因のところは私が大体分かりました(私は動物が好きです)。

2年前の福島大震災で井上さんのアニメがテレビでやることが取り消しされました。しかし、今年の始めごろはアニメrebootを聞きましたので、とても嬉しかったです。私はアニメの製作者であるGoHandsの作品を楽しく見ています。だけど、GoHandsのアニメの中に井上さんの漫画の内容や事情や面白いところが殆ど消されましたので、私はものすごく悲しいです(本当は少し怒っています、)。特に、荊が言っている場面「命に重さはない!」がないことはものすごく惜しいですよ。この場面のお陰で私は井上さんの漫画が好きなようになりました。もう一ついい忘れました。私と他の人はこの二人が恋人になるように応援していますが、荊と遠人が屋上で追いかけた場面も消されましたので、残念でした。おそらく、時間と予算の制限でGoHandsはアニメの作品の当初の予定より大分変わりました。GoHandsのアニメの全体イメージはCGと音楽がとてもきれいで、アニメーションもいいです。(BDの全セットを買いました。また、次の作品を引き続けて作って下さい)

これから私は日本語をもっと勉強します。(今回は日本語が分かる人に教えてもらいました)荊は日本語の関西弁を使っていますので、私も自分で関西弁も勉強します。

この手紙を読んでいただきましてありがとうございました。「コッペリオン」を作っていただきまして本当に感謝しています。また、次の作品をどんどん作ってください。これからも井上さんのことを応援します。

よろしくお願いします。

————